一般の方へ

5月23日の本部・支部合同オンライン稽古

5月23日(土)本部・全支部合同オンライン少年部稽古に38名の参加がありました。主に本部・鈴川・新庄・寒河江から参加がありました。

一般部師範稽古には清水師範代も参加され、一番強い技を気迫を入れて打っていました。本部・鈴川はもとより、遠く酒田、鶴岡、米沢、中山の参加者もおり、参加13名中5名が女子でした。連続受けはとても迫力があるものでした。全員の技が合ってきて、皆オンライン稽古に慣れてきたように見えました。

第2回極真瞑想法には柴田支部長が初めて参加されました。
田畑師範から、大山総裁がこの瞑想に至ったエピソード、また孟子の「木鶏」や山岡鉄舟先生の「無想剣」のお話しもあり、入我一念瞑想を5分間、大我没入瞑想を5分間の実践がありました。来週は5分間の入我一念瞑想、10分間の大我没入瞑想を行うことになりました。
瞑想は集中力と絶対感の体積を積み重ねることにより、その力が徐々に発現されるとのことでした。

若い時は気合いを思い切り入れ、エキサイティングな組手や稽古も良いが、歳を重ねてきたら、体力や精神力に頼らない絶対的な静の力を瞑想によって作り上げ、カラテの稽古に生かすことが大切なことだとおっしゃってました。